プレゼント通販

未分類

お中元の歴史

今は、お中元のシーズンですが、由来を紐解くとかなり古く推古天皇(606年)の頃から親しい人の無事を喜び合う時期が7月中旬だったそうです。たくさんの人の無事を喜び合うには一日では、足りない事もあり、必要から品物を贈って日頃のお礼やお互いの無事や幸福を喜びあったそうです。

 

もともと1月15日上元、7月15日中元、10月15日下元という3元という年中行事があったその中元が7月15日なわけです

中元は贖罪の日で、一日、庭で焚き火をして罪の償いをした日だったそうです。そしてそのうち、生きていることを喜び、無事にやってこれたことを皆で喜び合うようになり、その日一日では間に合わず、で中元の日の前後から贈り物をして無事を喜びあうようになったそうです。

いつもはあまり交流が無い方にもご無沙汰の非礼を詫びながら、ご無事な事、お幸せにお過ごしの事をお尋ねし、こちらもどうにかやってます、というお知らせの、さりげない交流の方法です。

良い習慣として続いているお中元は、江戸時代にはうどんやそうめんを送るのが多かったそうです。日々の生活のちょっとした足しになるような物がよろこばれたようです。

お中元の季節にも歴史のある由来がそこには有り、長く守り伝えられて来た習慣は大事にしたいものです。これも大事な日本の文化ですから。

デパートの商戦に巻き込まれたり、またお金の掛かるこ事でも有るので、無くしてしまえばいいのにな、と思った事の有る方もおられるでしょう。でも古くは推古天皇の時代から続いて来たことには、ちゃんと理由が有るのですから、本質を捉えて心と心をつなぐ大事な習慣、良き習慣と考えて続けて行きたいものですね。

義理の両親へのプレゼントは老舗のチョコ

義理の両親へのプレゼントに困ったらとにかく老舗の美味しいチョコがおすすめ

甘いモノは自分でも欲しい時が有りますよね。それに評判のチョコだったらすすめても心配ないですよね

贈った後で色々言われるのも嫌だから、何が良いのかいつも迷ってしまうのが義理の関係。でも何も贈らないとそれはそれで困ることにもなるしね。

疎遠になってしまってからの復旧は想像を絶するストレスになることも有りますから

誰もが喜ぶナッツ入りのチョコを贈りましょう。ナッツは身体に良いし、チョコの主成分のカカオも身体に良いポリフェノールたっぷりですから。

贈る時、必ずご自分用にも購入することをお勧めします。

どんなものを贈ったのかの確認の為も有りますけれど、美味しさを共有できていると思うと、その後、心情的にも良い関係になりやすいのでね。



プレゼントに迷った時の裏ワザ!贈った人に喜んでもらえるのが必ず見つかる

贈った人から
「あれよかったよ!ありがとう」
と言われると嬉しくなりますよね

本当に必要な物をプレゼントするのが一番ですけれど

ピンと来るものが思いつかない時もあるでしょ?時間が無い時だって有りますよね

そんな時にちょっと寄ってみると良いのがココ
>>>贈った人に楽しんでもらえるギフトgissemble(ギッセンブル)

姉へのプレゼントは高級シャンプー

高級シャンプー

自分じゃかわないかもしれませんけど、頭皮のにおいは周りの人が知ってる。ただ本人知らないことが多いのです。天然素材100%で髪と地肌に優しいシャンプー

こんな高級なの自分ジャ買わないと喜んでもらえると思うのです。

プレゼントを通販で選ぶのに、迷ってしまうあなたへ

心のこもったプレゼントを贈りたい…そう考えると、プレゼント選びはなかなか難しいものですよね?

 

まして、忙しい現代ではなかなかプレゼントを探す時間を取るのは大変!お店を何件も回ってあれがいいか、それとも…と探していると、かなりの時間が必要です。でも今はインターネットがあるので、全国、または世界中のギフトの中から選ぶことが出来ます。

 

そのたくさんの商品の中から、贈りたい方に喜んでもらえるギフトを選ぶというのは、なかなか絞る作業も一苦労です。忙しいあなたは、それほどゆっくり選んでいる時間なんて無いはず!

 

そんな忙しいあなたに変わって、ギフトには人一倍こだわりのある私が、心から喜んでもらえるようなプレゼントの候補を紹介していきますので、いいな!と思ったらぜひ参考にしてくださいね♪

PAGE TOP