プレゼント通販

ライフスタイル

やる気は脳が作り出すもの

思いどおりに人生を生きている人は、やる気に頼らないで生きているんです。

やる気なんてものは作り出すもので、湧いて出てくるものじゃないって知っているんです。

どんなに待っていても「やる気」は湧いてきません

実は、脳みその淡蒼球と側坐核がやる気には大きく影響しているんです。この脳みその部分は体が動くと刺激されて、どんどんやる気を倍増していってくれるんです

何にもしないで、動かないと刺激を受けないのでこの脳みその部分は、活動し始めないんです。

つまりやる気は自然にあふれ出て来るものではないんです。

淡蒼球と側坐核を刺激しないとダメ。じゃあどうやって刺激するの?

簡単です。体を動かすという事です。まず動いてみる。

急にジョギングをしなさいと言っているのではありませんよww

必要なものは身の回りにあって、ちょっと手を伸ばせばとれるところに置いてあるから便利と思っているあなたは、やる気スイッチがそもそも存在しない状況かしれませんwww

今日から ほんのちょっとの事で良いので変えてみましょう。例えばリモコンをは立ち上がって取りに行く。必要なものを身の回りに置かない。それだけでも良いんです

こんな事ありませんか?だいぶ前からしまおうと思っていた置物を押し入れに入れるだけのつもりだったのに、気がついたら押し入れの大掃除になっていた!何て事

体を動かすと脳に刺激がいってドンドン動けるようになっちゃうんです

自分でやる気を作り出せるんです。

最初の一歩を踏み出すためには、まずやる気を出す状態に自分を置くって事

だらだらしていられる状況に自分を置いていると、だらだらにぴったりの服装ばかりになりませんか?まず着替えましょう

そして場所を変える。勉強や仕事の前準備などを場所をかえてやってみる。家から出てカフェでしてみるなどですね

人生を思い通りい生きていくにのはまず体を動かすこと!そしてあなたの脳みそに刺激を与え続ける事です

まずは動きましょう

脳の構造で正しい集中力

仕事の能率を上げるにはどうしたらいいのかな?なんて思ったりしたことありませんか?よく朝が良いとかいいますけど、朝は何かと雑用も多くて、気がついたら午前中雑事に追われて終わってしまったなんてね

25・5の法則をご存知ですか?25分、集中する、そして5分休みの法則ですこれを3セットすると90分になるわけですけど

90分の法則もあるんです。90分仕事に集中したあと休憩をとる。この休憩の長さはお任せです。するべき事に手を付けて90分集中したら、途中でもストップ。いえ、途中でやめるのがキモです

90分すぎても、やり残してる事があるからと言って続けると逆効果。理由は、休憩をとるときに

「あああ、やったぞ!終わった!」なんておもちゃって次に進む前に休みすぎてしまうんです。下手すると、人によっては1週間次に行けないなんて人も出るほど

つまり途中でやめて休憩をとると、休憩をとっている間も、なんとなく気になって、いろいろアイデアを考えたりする程よい流れになるんです。

25・5は結構良いですよ。どっちが性に合ってるかは、試してみると良いです。でもキモ中のキモはやっぱり、途中でも休憩を入れるってこと

脳の構造上、集中力の維持できる時間はそんなに長くなくて、ちょうど25・5ぐらいが良いといわれてます。

5分も集中できないっていう事だと、あなたの今の仕事や勉強が嫌いなのかも。そうなると見直す点は別もんですね。アッという間に時間が過ぎてしまった!って時は、何してました?自分に問いかけてみて(*^-^*)

心理学的に効果のある手帳の使い方

心理学的に功を成すな手帳の使い方について教わったのでお教えしますね。そんな簡単な事だったのか!だったらいつもやっていたし!だと思いますけどねww

①落ち込んだ時は前の手帳を見る

去年の今頃はいったい私は何をしてた?頑張って前向きに燃えていた?

どうだったけ?と思い返してみるんです。その時から確実に

変化を遂げて成長してきているはずのあなたをしっかり確認

② やる気満々で燃えているときは半年後とか1年後のある欄に記入します。

自分がこうなってる!とか、これをやり遂げて凄い事になっちゃってる!って現在完了形で記入しておくんです。そしてそれをいつも見る。付箋やしおりを挟んでおくといいかもしれません

心理学的にもしっかり裏付けのある心理療法の一つだそうです。なりたい自分になってその時の状況を書き込む事です。

私は5年物の日記帳を買い込みましたが、これは失敗でした。

かさ張るのに、記入欄はすくないし、日記というのにちょっと抵抗感があって

毎年同じ 使い勝手の良い手帳を 使うのが良いようです。今年から私はLIHIT LAB.のbloominにしてみてます

簡単にページの追加ができるので便利です

でも使いがってが良いか悪いかはそれぞれですが

↓ ↓ここから買えます


あなたた落ち込んだ時は、一年前のあなたが支えになってくれるはずです。だって、一年頑張ってきたあなたがいるんですから

ちょっとしたお手伝い

新年早々郵便局へ行く用事があって出かけて行った時の事です

郵便局から出て歩き出したとき、どこからか

「助けていただけませんか?」

の声がしてきたんです

なんだろう?と思って見回すと、

つえをついた30歳代の女性がたたずんでいて

「助けていただけませんか?」と声を出しているんです。

少し遠慮がちな細い声でした。本当に困っているようだったので

「わたしにできる事なら・・・」とお声をかけました

「肘を持たせてください。そして○○信用金庫へ

連れて行っていただけませんか?ドアのところ迄で結構ですので」

すぐそばに○○信用金庫があったので、その前までお連れしました

「ありがとうございます。このドアのほかにドアがありますか?」

見ると道路に面した外側のドアの次に、カウンターや椅子の

ある場所の前にもう一つドアがありました。

「もう一つドアがありますけれど」

「それでは申し訳ありませんが、そのドアに入るまで

お願いできますか?そのあとは大丈夫です」

そこまでお連れしたら、信用金庫の人が出てきてくれました。

なんだかとっても良いことをしたような気になって、お正月早々、気分爽快

目の見えない方にとって、街は難しい事だらけなのかもしれません。

大した事をした訳ではありませんが、ちょっとしたお手伝いできる

時に遭遇したら避けて通るのではなく、お声をかけてみようかなって

気分になりました。

皆様にとっても素晴らしい年になりますように!

これからもよろしくお願いします♪

PAGE TOP