プレゼント通販

脳の構造で正しい集中力

仕事の能率を上げるにはどうしたらいいのかな?なんて思ったりしたことありませんか?よく朝が良いとかいいますけど、朝は何かと雑用も多くて、気がついたら午前中雑事に追われて終わってしまったなんてね

25・5の法則をご存知ですか?25分、集中する、そして5分休みの法則ですこれを3セットすると90分になるわけですけど

90分の法則もあるんです。90分仕事に集中したあと休憩をとる。この休憩の長さはお任せです。するべき事に手を付けて90分集中したら、途中でもストップ。いえ、途中でやめるのがキモです

90分すぎても、やり残してる事があるからと言って続けると逆効果。理由は、休憩をとるときに

「あああ、やったぞ!終わった!」なんておもちゃって次に進む前に休みすぎてしまうんです。下手すると、人によっては1週間次に行けないなんて人も出るほど

つまり途中でやめて休憩をとると、休憩をとっている間も、なんとなく気になって、いろいろアイデアを考えたりする程よい流れになるんです。

25・5は結構良いですよ。どっちが性に合ってるかは、試してみると良いです。でもキモ中のキモはやっぱり、途中でも休憩を入れるってこと

脳の構造上、集中力の維持できる時間はそんなに長くなくて、ちょうど25・5ぐらいが良いといわれてます。

5分も集中できないっていう事だと、あなたの今の仕事や勉強が嫌いなのかも。そうなると見直す点は別もんですね。アッという間に時間が過ぎてしまった!って時は、何してました?自分に問いかけてみて(*^-^*)

PAGE TOP